使い方いろいろ!ブロードバンド物件の種類について

オーナー全額負担のブロードバンド物件

オーナーがブロードバンド回線料金を全額負担している場合には、家賃または管理費の一部に料金が転嫁されていることが多いです。オーナー一括契約が行われていると、回線事業者との間で特別価格での契約が行えるので、個別に契約するよりも半額以下の料金で利用できるメリットがあります。
回線事業者にとっても、永続的に料金が入ってくるので値下げしても自社シェア100%を維持出来るメリットがあるわけです。有線接続と無線接続のどちらを選択しているかは、オーナーが選択した方法により変わるので、ブロードバンド回線への接続方法については個別に確認しておく必要があります。別の回線を引き込める可能性が少なくなるので、オンラインゲーム用途やVPN接続は場合により不可となる可能性があります。

一部オーナー負担のブロードバンド物件

一部オーナー負担のブロードバンド物件は、ケーブルテレビ局が個別に各世帯へ営業をかけるために利用されています。オーナーが負担している額は、個別に異なるのでブロードバンド回線速度は1Mbps程度に留まることも少なくありません。より高速回線を使いたい場合には、ケーブルテレビ業者と差額分の契約を結ぶ必要があるわけです。
ブロードバンド物件の特徴として、テレビアンテナが建物に付いていなければ、ケーブルテレビ利用の簡易的なブロードバンド物件と考えて良いでしょう。本物の光回線を別途引けるかどうか、入居前に確認しておけばオンラインゲームを楽しむことも可能です。なぜなら、一部のオンラインゲームでは、グローバルIPアドレスが無ければプレイ出来ないからです。

函館は緑や自然が多く残るエリアもありますが、都心部や郊外には多くの賃貸マンションがあり、商業施設や医療機関も充実しています。そのため、函館の賃貸マンションはファミリー層に人気があります

© Copyright Searching Rental. All Rights Reserved.